ナビゲーションをスキップ

スマーフNo.1ショップ! サービス、品揃え、在庫量ともに日本一!だから選んで楽しいシュライヒ ランド

 

スマーフとは?

スマーフの魅力

スマーフの歴史

スマーフはベルギーの漫画家ペヨことピエール・クリフォール(1928年6月25日〜1992年12月24日)により創造されました。
1958年10月23日、ペヨが雑誌『ル・ジャーナル・ド・スピルー』で連載していたバンド・デシネ(漫画)『Johan & Pirlouit(ジョアンとピルルイ)』において、スマーフは初めて登場しました。
オリジナルにおけるスマーフの名称「Schtroumpfs」は、ペヨによる造語です。ペヨよれば、友人と昼食を取っていた時に、塩を回してくれるように頼もうとしてとっさに口走った言葉から、この単語は生まれました。
(「passe-moi le schtroumpf(スマーフをよこしてくれ)」)後にこの単語は、三十カ国語以上に翻訳されることになり、オランダ語を含む多くの言語では、この単語は「Smurf」と訳されています。スマーフが登場する『ジョアンとピルルイ』は、フランスやドイツでも出版され、この小さな青色の種族は人気を博しました。その後スマーフ自身の漫画シリーズが開始され、このシリーズは大規模な成功を呼び起こしました。

スマーフの特徴

スマーフとは、誰も知らない遠い国の、深い森の中のスマーフ村のいろとりどりのキノコの家に住んでいる小さな妖精です。 白いぼうしと白いタイツ、青い肌をもち顔はみな同じ。 白いひげをはやし、赤いぼうしと赤いタイツをつけた542歳のパパスマーフを中心に、個性豊かなうぬぼれ、くいしんぼう、、うそつき、秀才、詩人、発明家などそれぞれ性格の違ったスマーフ100人が楽しく暮らしています。 また、魔法使いガーガメルやただひとりの女の子スマーフェットなども登場し、スマーフ村はいつもにぎやかで大騒ぎです。


シュライヒ専門店の【シュライヒ ランド/ショップ】お気に入りのシュライヒを見つけよう!ジャンルもたくさん。シュライヒならシュライヒ ランド

Copyright © 2007-2008 シュライヒ・ランド All Rights Reserved.